映画「ストロベリーショートケイクス」感想②里子編


■デリヘルの電話番 里子

里子は顔が幼顔でかわいい!

なんでデリヘルの電話番してるんだ。

タバコ吸ったりビール飲んだりするんだけど似合わないくらい。

服装とか部屋の置物がちょっとダサいのもかわいい。

道で拾った石を「神様」として家の出窓に祀って

「スペシャルな人のスペシャルなひとになりたい」

とお願いしてたのが印象的。

語彙力!って感じかもしれないけど、

なりたいよね、スペシャルな人のスペシャルな人に。

なろうね、スペシャルな人のスペシャルな人に。

店長から里子のことを好きだと打ち明けられた夜、

「誰でも良いわけじゃないんです」

って神様に言ってたのは笑えた。

そりゃそうだ。

里子の部屋が不思議な感じで、

業務用の透明な冷蔵庫があったり、ベランダにはブランコがあったり。

夏の夜にベランダでタバコ吸ったりビールを飲む姿が羨ましかった。

そうゆう風に過ごせるのって最高だよね。

デリヘルの電話番を辞めて、

日本語が話せない店主(リー)のいるラーメン屋で働くことに。

リーくんはそれによって日本語を勉強していく。

リーくんと里子のペアはちょっと微笑ましい。

特に目立つこともなく、普通な女の子って感じで本当かわいいです。

#映画

最新記事
カテゴリーから検索
マンガ書いてます!
01_00_00_r_盾矛パラドックス(表紙).jpg
小説書いてます!
蒼き星の守護者_表紙.jpg
​マンガ書いてます!
蒼き星の守護者_表紙.jpg
小説書いてます!
01_00_00_r_盾矛パラドックス(表紙).jpg
蒼き星の守護者_表紙.jpg
小説書いてます!
01_00_00_r_盾矛パラドックス(表紙).jpg
​マンガ書いてます!