仮想通貨を含めたペイメント戦争の行方

参加しているサービスが多すぎる。はっきり言って行方など誰にも分からないだろう。

・BTC・WeChat Pay ・Alipay ・楽天ペイ ・LINE Pay ・Origami ・PAY ID ・PAYMO ・d払い ・pixiv PAY ・ヤフースマホ決済(Yahoo!ウォレットQR決済) ・pring ・Paytm ・PayPay ・ゆうちょPay ・Bank Pay ・atone・paypal

どの企業もペイメントという市場を取りたいわけだ。 ただ一つだけ言えるのは、日本が入っている範囲かつ、勝機がある部分はとても少ない。

d払いはドコモユーザ以外にも手を広げているが、知名度が低い。 pixivは使用場所が偏り過ぎている。 ヤフー系列と楽天系列が日本だとカギを握る業者になるだろう。

人の購買情報というのは興味に直結している。データが原油とされる時代には、どの企業も喉から手が出るほど欲しい。

日本人の現金主義はとても強い。

個人的には仮想通貨はペイメントサービスの争いから最初にふるい落とされるだろう。マーケティングのスピードが遅すぎる。

あとはいつも通り、企業同士の殴り合いになるわけだが、日本という市場を海外勢がとりに来ている。是非とも日本の企業には頑張ってもらいたい。


最新記事
カテゴリーから検索
マンガ書いてます!
01_00_00_r_盾矛パラドックス(表紙).jpg
小説書いてます!
蒼き星の守護者_表紙.jpg
​マンガ書いてます!
蒼き星の守護者_表紙.jpg
小説書いてます!
01_00_00_r_盾矛パラドックス(表紙).jpg
蒼き星の守護者_表紙.jpg
小説書いてます!
01_00_00_r_盾矛パラドックス(表紙).jpg
​マンガ書いてます!
  • Twitter Social Icon
  • ニコニコ動画バナー
  • YouTube Social  Icon
  • アルファポリス
  • 小説家になろう
  • Pixiv
This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now