テンセントの岐路

September 11, 2018

コラム:中国テンセント、当局のゲーム規制で深まる懸念

 

テンセントに限らず、中国企業は特に当局の影響を受ける。

中国ではオンラインゲームの規制が強まっている。特にテンセントはPUBG、オナー・オブ・キングスなどのコンテンツを有する。

他にもアズールレーンやbilibili動画などもテンセントのグループだ。

主軸がゲームやアニメなどのコンテンツ、いわば文化だ。

今迄も乗り切ったからと言って今後もそうだとは限らない。

テンセントはeスポーツの振興にも最近は投資してもいて、世界への影響をより強めようとしている。

中国企業のスタンダードは、中国で始まり、世界へ素早く展開することとなりそうだ。国内の市場が大きい分、中国のみでの展開でも問題はないかも知れないが、やはり政治リスクについては保険を作っておくべきだろう。

テンセントとアリババはさらに先に行くと思っていたが、規制なども含めると先は見えない。ただ、中国とはそういう国なので、今更どうこうつもりはないが、テンセントほどの企業と国の距離が近い会社でも規制されるのだなと、少し驚いた。

確かに、腐敗撲滅運動などを見ると、当局の規制に聖域などはないんだと理解させられるが、市場が正しくなる日は来るんだろうか。

Please reload

最新記事

October 20, 2018

October 13, 2018

Please reload

カテゴリーから検索
マンガ書いてます!
01_00_00_r_盾矛パラドックス(表紙).jpg
小説書いてます!
蒼き星の守護者_表紙.jpg
​マンガ書いてます!
蒼き星の守護者_表紙.jpg
小説書いてます!
01_00_00_r_盾矛パラドックス(表紙).jpg
蒼き星の守護者_表紙.jpg
小説書いてます!
01_00_00_r_盾矛パラドックス(表紙).jpg
​マンガ書いてます!
  • Twitter Social Icon
  • ニコニコ動画バナー
  • YouTube Social  Icon
  • アルファポリス
  • 小説家になろう
  • Pixiv