一方、中国の無人コンビニは

September 26, 2018

西洋諸国を発明の国とするならば、東洋諸国は発展の国だと思う。

以前、アマゾンの無人コンビニの記事を書いた。ITを駆使して人に驚きを与えるようなコンビニだ。(行ったことはない)

アマゾンはまだ全国で10店舗もOPENしていないようだが、中国では無人コンビニが数百店舗も稼働している。

もちろん、それぞれの目的は異なるのだろうが、中国の「無人コンビニ」という枠での成長はアメリカの比ではないだろう。

技術という意味ではアリババがアマゾンと似たようなコンセプトだ。

https://www.businessinsider.jp/post-108672
アリババのコンセプト店

 

それ以外の無人コンビニはどちらかというとセルフレジで結局はユーザの手間が増えているだけのようだ。

無人コンビニには、人を無くすというコンセプトとユーザの体験を向上させるという別のコンセプトがあるように思える。

https://www.businessinsider.jp/post-108672

人を無くす系のコンビニ
 

「無人コンビニ」という括りでは中国に勝てるスピードと市場と労働事情を持った国は無いだろう。

日本は手間暇かけたブランディングで売りたいようだが、いい加減金をかけるところと自動化するところをちゃんと分けてスピード感を持たないといけないだろう。

中国人向けの決済アプリだけが入る店を見て、ふと思う。
何故中国から来た人の方が便利な暮らしができるのだろうか。

日本もそろそろ自動化に向けて全力で取り組まなければならない。

Please reload

最新記事

October 20, 2018

October 13, 2018

Please reload

カテゴリーから検索
マンガ書いてます!
01_00_00_r_盾矛パラドックス(表紙).jpg
小説書いてます!
蒼き星の守護者_表紙.jpg
​マンガ書いてます!
蒼き星の守護者_表紙.jpg
小説書いてます!
01_00_00_r_盾矛パラドックス(表紙).jpg
蒼き星の守護者_表紙.jpg
小説書いてます!
01_00_00_r_盾矛パラドックス(表紙).jpg
​マンガ書いてます!
  • Twitter Social Icon
  • ニコニコ動画バナー
  • YouTube Social  Icon
  • アルファポリス
  • 小説家になろう
  • Pixiv